滋賀県(庁)と草津市が焦っている

立命館大学が、草津市にある、びわこ・くさつキャンパス(BKC)から、一部学部(学生)を大阪府茨木市のキャンパスに移転させると大騒ぎになっている。

草津からの移転は、今に始まったことではなく、2015年にもあったが、地元への影響を避けるため、草津に新学部を設置して学生数が減らないようにしているみたいだけど、結局学生集客という経営法則からは逃れられない。新学部を作ると学生が集まる、といってどんどん作ってきたみたいだけど、いずれ限界が来ると思う。

と、大学視点で書いてみたが、不動産視点で考えると、学生目当てにワンルームマンション経営をしている資産家・投資家が戦々恐々としているはずだ。大学がまるっと移転してしまった青山学院の厚木の例に比べればマシだろうが、草津の場合も、いつまでも新学部で人員補充、というわけにもいかず、立地面で不人気が続けば、長期的衰退は目に見えていると思うからだ。学生が減れば、地元に落ちる金も減る。地元経済的にも大痛手なので、自治体もただ事ではすまない。そもそも、誘致に当たって、かなり便宜を図ったのに、ってね。

コロナ禍でタワマンに激震…冷静に分析すると

先日、あるマスコミ業界の人と話したのだが、晴海のオリンピックマンション(選手村の跡地利用)のことが話題になった。そもそも2021年に五輪ができるかが決まるのは来年3月ぐらいだとすると、住居の引き渡しが受けられる時期がなお不安定。今の建物が、ほぼ完成してスタンバイだったのに、選手村としての本来の使用開始時期自体が1年延びることになってしまった。家は使わないと傷む(特に目に見えないライフライン系がね)。要するに新築マンションが売れずに1年間在庫になり新古マンションになってしまったようなもの。で、1年後に一瞬だけ使い、その後多少リフォームして準新築マンションとして引き渡されるというシナリオ。でもなあ…。

それはともかく、オラガ総研の牧野さんの秀逸な記事

今は、不動産売却も低調で(業者の直買取でない限り、内見とかしにくいでしょ)、どうしても処分しようとすると投げ売りになってしまう。もちろんいますぐ売り急ぐ必要はないと思うが、かといってコロナさえ収まればまた日常が戻る、市況も回復すると思ったら大間違いだ。牧野さんはライフスタイルの変化を挙げるが、それともう一つ、今回コロナを克服しても、似たようなことはまた30年以内に来るんじゃないの?という視点は持っていたほうがいいだろう。いや5年以内かもしれない。

思い出してほしい、昨年の武蔵小杉の大騒動。50年、いや100年に一度の大雨だから、もう50年大丈夫だなんて考えている人はいないだろう。感染症だってそれと同じということだ。

放置プレイの結果

多忙もあり、また住居不動産業界がコロナ第二波で動きが鈍くなってることもあって、このブログも1か月間放置してしまった…という意味でのタイトルでは、実はない。

私が持ち家を売って分譲賃貸に入ったのが1年半ほど前なのだが、いわゆる一括査定に出したのは2018年末だった。実際に転居したあと、使わなかった仲介会社(まあ、ソニー不動産の「おうちダイレクト」を使ったから、一括査定した会社は売却には1つも使わなかったが)に、「売買成約したので、登録は削除してね」といちいち言わなかった。

すると、1年半以上たった今頃、「その後いかがですか」と電話がかかってくる。たまたま家にいたので出て、「もう他社で決め、電話番号は変わってないけど転居済み、登録を消してほしい」と話して終了する。これがこの1~2週間で何社もあった。示し合わせているはずはないが、どこも、今は物件の動きが鈍くノルマ達成のために、1年以上前の放置案件(これは、営業員が連絡を放置してきたという意味でもあるし、私が登録解除を放置したという意味でもある)を 掘り起こしはじめたということなのだろう。

とにかく、お疲れ様な話である。