住みたいまちNo.1横浜に「分断」の悲劇

横浜が荒れている。2年連続住みたいまちランキング首位を獲って順風満帆なはずのあのまちが、である。そう、カジノで揉めているのだ。

最近、横浜市内を歩くと、とにかく「カジノは要らない」といったポスターを見る。ギャンブル依存症が気になるとか、横浜の品位にあわないとか、あるいは観光客が殺到して観光公害が起きるとか、理由は様々であろう。

一方で賛成派は、横浜市に活力と財源を生み出すためにはIRは必須だと説いている。先日の老水道管の噴き出し映像に度肝を抜かれた人も多いだろう。あれは横浜市の出来事である。人口減少が間近に迫った巨大都市は、すでにインフラ改修投資が追い付かなくなっているのだ。IR誘致はそのために必要な社会的犠牲として認めてくれい!というのが本音なのかもしれない。

もっとも最近は、例の事件の影響もあってIR賛成派はカジノを強調しなくなっているようだ。しかし、カジノなしのIRは運営業者的にはありえないはずで、一種の二枚舌のようにも思える。

それはともかく、最も問題なのは両者に歩み寄りの余地はなさそうだという点である。 繰り返すが、そもそもカジノ抜きIRは採算面で厳しい。そこを強行すれば失敗し行政の重荷になる可能性が高い。かといってこのまま行政主導でカジノ誘致を進めた場合、 日本最大の人口を抱え、国内の諸都市のリーダー的存在である横浜市が、真っ二つに分断されてしまう危険がある。

まさに、トランプが分断したアメリカ、というのと同じ文脈である。

個人的には、カジノなんかよりずっとハードルが低く手軽なギャンブルが全国にあふれている日本で、カジノが来るからって何をいまさらギャンブル依存症だよ、という気がしてならない(既存ギャンブル業界が黒船出現とばかりに反発するならわかるのだが、そうでもない)。

みなとみらいエリアと言えば、成人式振袖詐欺を起こした「はれのひ」社長も住んでいたと噂のあったタワマン群があるのを皆さんはご存知だろうか。タワマンっていうと東京ベイエリアと武蔵小杉ばかりが有名だが、みなとみらいをはじめとする横浜ベイエリアもけっこうな林立地帯。もしかすると小杉より多いんじゃないのか?

パシフィコ横浜に寄り添うように立ち並ぶ高層マンション群。一番右手奥は京急「神奈川」駅最寄りのツインタワーだろうな。むかし汐留あたりで高層ビルが海風を妨げる「東京ウォール」と言われたが、まさに「横浜ウォール」だろ。
パシフィコ付近で撮影。この建物の密接度合い、東京ベイエリアや武蔵小杉の比じゃない。バルコニーからの眺望が、隣のマンションだらけだよ。これじゃ。当然、そんな眺望写真を中古物件売り出しで載せるバカはいないので、白日のもとには晒されないわけだが。

横浜市役所移転先エリアの分譲で、販売価格がめっちゃ高かったザ・タワー横浜北仲とかも、カジノ風評で資産価値はどうなるのか、結構気になりますな。投資目的だろうと、20年後には値崩れ(or隠れ家賃支出で足が出ること)間違いない物件なので、築浅売り抜けを前提としない限り買っちゃダメな物件だと思いますがね。

そもそも、こういう合築は、管理組合というかの意思統一が難しいので、絶対トラブルになる。くわばらくわばら。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です